お箏用ピックアップ

お箏用ピックアップ 20弦用も追加しました。

13弦、17弦用 CPS−K1型

ピックアップを取付ければ箏が電気楽器になります。 アンプを使って音量アップ、大音量楽器にも負けません。 ピックアップを使えばPAからの返しモニター音もハッキリ。

ピックアップ取り付け例

特 長

お筝に簡単に取り付けられます。 粘着テープを使わないので、お箏を汚したり傷つけたりしません。 お箏の胴体の振動を直接ひろって電気信号にするので、マイクのように他の音をひろいません。よってPA時にハウリングしにくくなり、モニター音量を上げることができます。
お箏用ピックアップ CPS−K1型(13・17弦用)
CPS-K1ピックアップ

定 価:オープンプライス 販売価格:税別¥73,800-

(受注生産にて納期はお問い合わせください)

取扱い説明書を見る(PDF)


CPS-K1型 仕様 胴の幅が210〜350mmの範囲内であれば13弦17弦どちらにも取り付け可能。 付属出力ケーブル:2m、1/4インチ標準プラグ付き。 ハイインピーダンスDirect Boxの使用を推奨します。


20弦用ピックアップ CPS−K20型 (新製品)
kotopickup_K20
CPS-K20型20弦用ピックアップ

定 価:オープンプライス 販売価格:税別¥78,800- (受注生産にて詳細・納期はお問い合わせください)


CPS-K20型 仕様 胴の幅が230〜400mmの範囲内の17弦や20弦に取り付け可能。 付属出力ケーブル:2m、1/4インチ標準プラグ付き。 ハイインピーダンスDirect Boxの使用を推奨します。 使用方法はCPS-K1と同様です。 mark_warning!ご注意! ご注文の前にご使用のお筝の胴の幅を測って、このピックアップが取り付け可能かご確認ください。

お箏用ピックアップにはレンタルシステムがあります

料金は1台1日のご使用につき¥3,000+税+ 往復輸送費実費(輸送日のレンタル料はいただきません) CPS-K1(13弦・17弦用)は2台までレンタル可能です。 CPS-K20(17弦・20絃用)のレンタルについてはお問い合わせください。

ダイレクトボックスのレンタルも行っております。

レンタル料金(1台1日のご使用につき)お箏ピックアップレンタルフォーム カントリーマン85型   ¥500+税、2台までレンタル可能。 BOSS DI−1型   ¥300+税、2台までレンタル可能。

mark_warningご注意 先着順にご予約をお受け致しますので、予約が重なるとレンタルできないこともございます。お早めにお申し込み下さい。

メールフォーム・E-mailでのお申し込み

次の項目をメールフォームまたはE-mailに記入してお送り下さい。 1.申込者氏名 2.TEL/携帯 3.住所 4.ご使用開始日と何日使用するか 5.ご使用台数 6.ダイレクトボックスレンタルご希望の場合は型番と台数 7.配送指定日/時間帯を下記より選択して下さい。 午前中・12時〜14時・14時〜16時・16時〜18時・18時〜20時・20時〜21時

FAXでのお申し込み

※FAXでのお申し込みは現在準備中です 申し込み用紙に必要事項を記入してFAXして下さい。

申し込み用紙(PDF) (準備中)

mark_warningご注意 先着順にご予約をお受け致しますので、予約が重なるとレンタルできないこともございます。お早めにお申し込み下さい。
弦どちらにも

カスタム製品

 

カスタム製品のご紹介

カスタム製品はお客様のご要望に応じて設計、製作されるフルカスタム製品です。目的に応じて振動ピックアップやマイクロホンを用いてお客様の求める製品を作り上げます。誠に申しわけございませんが、現在はカスタム製品の開発はお受けできない状況です。

フルート・マイクロホンシステム

カスタム製品の一例として、ジェレミースタイグ氏の要請により製作したフルートマイクロホンシステムをご紹介します。

取り扱い説明

  1. このマイクロホンシステムはオーディオテクニカのATM35をベースとし、フルートに適するよう改造されたものです。必ずオーディオテクニカATM35の取り扱い説明書に従ってお取り扱いください。
  2. クリップをフルートの管接続部に取り付け、マイクが好みの位置になるよう調節します。
  3. マイクケーブルをパワーモジュールに接続し、パワーモジュールのXLRコネクタに信号送り出し用ケーブルを接続します。
  4. Phantom Power を使用することをお奨めしますが、Phantom Powerが無い場合は、9V電池でも使用できます。
  5. Phantom Powerで使用すれば高いダイナミックレンジと高音質が期待できます。

音色について

  1. パワーモジュールのroll-off回路はフルートに適したものに改造されています。
  2. このroll-off回路はフルートのキー操作時に発生する低周波ノイズの低減とマイクロホンをフルートに近づけたときに低周波が強調される効果を低減します。
  3. このroll-off回路を使う場合は、パワーモジュールのスイッチをroll-offポジションにセットしてください。

ギター用ピックアップ

Body Pickup for Guitar CPS-BG1型

定 価:オープンプライス 販売価格:80,000円+税

アコースティックギターの豊かな音色を引き出そう

■ 表板の振動をひろって ボディの個性を表現します ■ フォーク and ガット・・・使用するギターを選びません ■ ギターを加工せずに、簡単に取付け・取り外し可能 ■ 90mm~150mm の厚さのギターに取付け可能 アコースティックギター用ピックアップ

ギターは一本一本それぞれの個性を持っていますが、ピックアップを使用して音を出した場合、その個性が十分伝えきれていないことが多いようです。

ギタ-のサドルのそばに設置したピックアップでは、ハウリングしにくく、大きな音量が容易に得られるようですが、楽器の個性が強く反映するボディの鳴りはあまり聴こえてこないようです。

弊社はピアノ用ピックアップを販売しており、今では世界中のコンサートの第一線で活躍しています。このピアノピックアップのユーザーであるPA音響エンジニアの方から、アコースティックギターでもピックアップのように自然な音がとれるピックアップは作れないかとアドバイスいただいたのが、このピックアップの開発のきっかけとなりました。

このギターピックアップの基本設計方針は、多くの音のプロの方々から自然な音が得られると高くご評価いただいている、弊社ピアノピックアップの原理をギターに適用することでした。

そして、ギターの音色を特徴付けるボディーの鳴りをできる限り自然に再現することを第一に考え、構造、部品に関する妥協を廃して、音色と使いやすさにこだわって設計した結果、このようなユニークなボディーピックアップが完成しました。

自由な場所へ取り付け可能

このピックアップはギターの自由な位置に取り付けることができますので、自分のギターで自分の音が取れる場所を求めて、じっくり使い込んでいただければ、あなた自身の個性を生かした音が得られる可能性があることも、大きな特徴です。

ハウリングと向き合う〜自然な音への追求と宿命

このピックアップの問題点についてもご説明しなくてはなりません。

耳に聴こえるギターの自然な音は主にギターの表板から出ていると考えられますが、これは表板の振動と音波となる空気の結びつきが強いということの表れです。これは逆に空気の波がギターの表板を振動させやすいということでもあります。 その結果ハウリングもしやすくなってしまいます。ハウリングは、表板の振動をピックアップでひろってスピーカーから音を出すと、その音が表板を振動させて、その振動をピックアップがひろって、さらに大きな音がスピーカーら出る、という繰り返しで「ウオーン」とか「キーン」という音になってしまうものです。 自然な音を求めると宿命としてハウリングと向き合うことが必要となります。弊社では、ピアノピックアップで実績のある技術を用いてこのハウリングを最大限抑える工夫をしております。その一つが、ギターの表板の周囲から近い点の振動を捕らえる構造です。このような対策を施しておりますが、ハウリングの面においてはエレアコギターなどには及ばないこともあることをご理解ください。

今までには無かった原理と構造

このピックアップは今までには無かった原理、構造を持つ製品ですので、取扱説明書をよく読んでお使いください。間違った使い方をすると良い音が得られないばかりでなく、ギターに傷を付けたり、ダメージを与える可能性があります。 取扱説明書はこちら 暫定カタログはこちら

ハードケースとピックアップ
ハードケースとピックアップ
(ご注意:木部の色や木目は一台毎に異なります。製品の色は製造上の理由で予告無く変更されることがあります。)

アコースティックギター用ピックアップの試奏のビデオ

↑プリアンプを使用した、抜けのいい音色を作る例です。
 
YAMAHIKO BODY PICKUP FOR GUITARは、あなたの大切なギターを加工する必要がありません。ギターのサウンドキャラクターを最大に引き出す、ボディピックアップの魅力を動画でご覧ください。
ギター用ピックアップTOP | 特徴 | ギターピックアップの取り付け方法 | バックアームと出力ジャック | 保管方法 | アコースティック用ギターピックアップの比較 | ボディピックアップ開発の歴史CPS-BG1デモ機のお貸し出しについて

ピアノ用ピックアップ

ピアノピックアップ

山彦 ピアノ用 コンタクトピックアップシステム

 
    • 特徴
  • ピアノの周囲の音に対する感度が非常に低く、PAにおけるハウリングマージンが高い。
  • 取付け取外しが簡単、短時間、しかもマイクスタンド不要で見た目もすっきり。
  • 取付けに接着材や両面粘着テープなどは一切使用せず、取付けた痕跡をほとんど残しません。
  • グランドピアノにもアップライトピアノにも取付け可能です。
  • フォースモードピックアップシステム(FMPS)の採用により高音質、ローノイズ。
  • カブリが非常に少なくイコライズ時に幅広いブースト、カットが可能。
  • 安定した取付け構造なので、長時間安定した高音質をキープ、常設も可能です。
  • 複数のピックアップを用いることによりステレオ感が得られます。
  • 完全シールドによるローノイズ設計。
  • 耐震コネクタと耐震ローノイズケーブルを使用し、振動によるノイズの混入を防止。
  • 音質最優先設計のプロ用ピアノピックアップです。
取り扱い説明書・マニュアル(Ser.30840以降の製品)
取り扱い説明書・マニュアル(Ser.30839以前の製品)

ピアノピックアップ レコーディングモデル 型番:CPS-PF1R
レコーディングモデル CPS-PF1R
レコーディングモデル CPS-PF1R

レコーディングモデルはフラットな周波数特性で、レコーディングに適した重厚な音色を持っています。

定価:オープンプライス 販売価格:税別¥80,000 在庫あります。

スペアパーツも販売しておりますsum_spare_jp
「スペアパーツご注文ガイド」をご参照の上、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

ピアノピックアップ SRモデル 型番:CPS-PF1S
SRモデル CPS-PF1S
SRモデル CPS-PF1S

SRモデルは下図のようにハイブーストされた特性となっており、抜けの良いすっきりとした音色を持っています。PAでの使用に適しています。

定価:オープンプライス 販売価格:税別¥80,000 在庫あります。


ピアノピックアップ 音色切替モデル 型番:CPS-PF1P
音色切替モデル CPS-PF1P
音色切替モデル CPS-PF1P

ダイレクトボックスのパラ出力ジャックを利用して、音色プラグの交換だけでSRモデルとレコーディングモデルの音色を簡単に切り替えて使用できるようにしたのがこのPモデルです。

定価:オープンプライス 販売価格:税別¥84,000 在庫あります。

ナチュラルな音質

従来のいわゆるアタッチメントの音とは全く異なり、マイクロホンに勝るとも劣らないナチュラルな音質を持った、SRからレコーディングまで幅広く使用できるピックアップです。

抜けの良いすっきりとした音色を持つSRモデルと、フラットで重厚な音色を持つレコーディングモデルを用意しました。

ご要望に応えて、SR、レコーディング、両モデルを切り替えて使用できる音色切替モデルもご用意しました。

高い信頼性・耐久性

既に多くのプロエンジニアの方によるテストが繰り返され、改良を重ねてまいりました。 ほぼ毎日演奏されるライブハウスのピアノでの一年以上にわたるハードな使用でも、安定した音質をキープし高い評価を頂いております。

多くのメリット

他の音のカブリが最小限にでき、ハウリングマージンやイコライジングの自由度も向上します。 ミュージシャンからのモニター音質に対する要求にも対応しやすく、エンジニアの音表現の幅も格段に広がります。

レコーディングモデルとSRモデルの聴き比べ

SRモデル

レコーディングモデル

YAMAHIKOユーザーの磯村さんの演奏です。詳細はこちらをご覧ください。

カブリのデモサンプル音コーナー(レコーディングモデル使用)

トータルサウンド

ピアノトラック

カブリが非常に少ないのがわかると思います。YAMAHIKOが常設されているライブハウス横浜エアジンでのVale Tudoの演奏です。詳細はこちらをご覧ください。

ご注意ご注意 これらのサンプル音はピックアップからBOSS DI-1ダイレクトボックスを使用 してDATに録音したものです。2つのピックアップの音をそのままステレオのLR(L:低音側、R:高音側)に入れてありますので、それぞれのピックアップの音を分離して聞くこともできますが、通常のCDのようにステレオで聞くと違和感があるかも知れません。通常は低音側と高音側を適度にミックスして用います。その辺をご理解の上ご試聴下さい。

ピックアップの取付け位置は概ねこんな感じです。

ピアノピックアップ TOP | 特徴 | 部位 | セッティング1 | セッティング2 | 仕様

コントラバス用ピックアップ

コントラバス用ピックアップ

山彦 コントラバス用ピックアップシステム CPS-DB型 (ウッドベース、ダブルベース、アップライトベース用ピックアップ)

世界中のプロユーザーの厳しい要求に応えたピックアップ

1987年の発売以来、世界の多くのプロミュージシャンに愛用されてきた、定番ピックアップです。 ピックアップの出現により、コントラバスがソロ楽器としても脚光を浴びるようになりました。そして今、より忠実なピックアップによりあなたのより微妙な表現までも、多くの聴衆に伝えられるようにするのが我々の目標です。

  • 微妙な演奏のニュアンスをストレートに再現
  • 弓奏きでも癖の少ないクリアーな音質
  • スタジオクォリティーの高音質
  • ローノイズ、ハイアウトプット
  • 弦高アジャスター機能を兼ね備える
  • ケーブルを外して簡単にセンサーを回転可能
  • アジャスター型センサーは頑丈なのでアジャスターと同じように取扱っても壊れません
  • 多彩なピックアップアレンジにより様々なユーザーの要求に対応センサー、アジャスター、インターコネクトケーブル、アウトプットケーブル、以上のパーツにより、駒の片足にのみセンサーを取付けるものから、両足のセンサーからの出力を自在にMIXできるシステムまで自由にアレンジ可能
  • 安定な取付構造のため長期にわたり安定した音質をキープ
  • プロの使用に耐える長寿命設計
  • 高品質部品を使用したプロ向けの最高品質ピックアップです

ご注意注意 このピックアップの取付けは専門の楽器技術者に依頼する事を強くお薦めします。取付け方法はアジャスタとまったく同じなので、アジャスターの取付けを依頼できる楽器工房に依頼すれば安心です。

サンプル音

このサンプル音はEddie Gomez氏の演奏によるもので、このページのためにニューヨークにて録音されました。ピックアップの構成は2センサーシステムで、他のマイクロホンは使わずピックアップのみのライン録音です。

ピチカート

ボウイング

エディゴメス氏のインプレッション

エディゴメス氏がこのピックアップのインプレッションを語ってくれました。

YAMAHIKO ダブルベース ピックアップ システム 音質の特徴

広音域をフラットに

特有の共鳴音を持たず、広い音域に渡って倍音も含めてフラットに楽器の音をピックアップできるのがこのピックアップの特徴です。

これによりイコライジングにより音色を調整する自由度が広がりました。癖があるピックアップの場合、ある音域だけが抜け落ちたりしていて、そこが気になりイコライジングによりブーストしようとすると、欲しい音域はあまり出ないのにその周辺の音域が強調され思ったような音質のコントロールができず、頭を抱えることになります。

自由なイコライジングが可能に

楽器の共振によるピークには鋭いものが多く、イコライジングによりこれを取り除こうとすると、やはり周辺の音域がなくなってしまい思ったような音質のコントロールができないことが多いようです。

このピックアップは楽器の共振による癖が出にくい所に取付けることで、広い音域に渡って倍音も含めてフラットに楽器の音をピックアップすることができ、イコライジングなどによる音質のコントロールが思うように行えるばかりか、ボウイングによる音も自然な音質でピックアップされるのが大きな魅力となっています。

コントラバス用TOP | 製品構成 | アレンジ例 | セッティング | ピックアップポリシー | 長期間のご愛用に応えるため