研究活動

ソナリサーチの研究活動

弊社の研究活動は1981年「コントラバスの音響学的研究および音量拡大法の研究」からスタートしました。

その後1999年からは音楽演奏環境研究所としての活動を開始し、神奈川工科大学と音楽音響分野での共同研究を開始し、成果を日本音響学会等に発表しております。

所属団体

日本音響学会・音楽音響研究会・日本音楽知覚認知学会・Audio Engineering Society

最新の研究発表

日本音響学会 2003年 春期研究発表会 スペシャルセッション(楽器の音色を探る) 「スタインウエイおよびベーゼンドルファー社製ピアノの音色分析とプレイヤーの演奏印象の関係」(PDF)

1982年頃の研究のご紹介

コントラバスの音響学的研究での実験で、無響室の中で振動発生器により駒に振動力を加え、駒の足の振動加速度と楽器から放射される音の関係を調べた様子です。この研究がCPS-DBの開発に繋がりました。

 


歴史

ソナリサーチの歴史

1981 昭和56年〜57年

幾徳工業大学(現 神奈川工科大学)にて コントラバスの音響学的研究および音量拡大法の研究を開始

1985 昭和60年

コントラバス用ピックアップ試作品完成、フィールドテスト開始

1987 昭和62年

コントラバス用ピックアップの製造販売開始 1989年よりJAZZ ベース奏者Eddie Gomez氏が使用を開始

1993 平成5年

JAZZピアノ奏者Michel Petrucciani氏の要請により、ピアノ用ピックアップの開発を開始

1999 平成11年

音楽演奏環境研究所としての活動を開始し、神奈川工科大学と音楽音響分野での共同研究を開始、その後成果を学会にて発表 同年 ピアノ用ピックアップ試作品完成、フィールドテスト開始

2000 平成12年

JAZZフルート奏者Jeremy Steig氏の要請により、フルート装着用マイクを製作

2002 平成14年

箏(13弦、17弦)用ピックアップを開発、コンサートなどで試用 10月、有限会社 ソナリサーチ 設立

2003 平成15年

ピアノ用ピックアップ販売開始

2010 平成22年

ギター用ピックアップを発売 現在に至る

経営理念

ソナリサーチ経営理念

音楽が演奏される場の環境を改善することにより、より良い音楽が生まれ、より多くの聴衆にそれが伝わるようお手伝いすることが我々の使命です。

我々のビジョンは、音楽を演奏される方や音楽が演奏される環境にかかわるすべての方々に対して問題解決の提案を行なう良きパートナーであることです。

 

 

会社概要

有限会社 ソナリサーチ 会社概要

社  名

有限会社 ソナリサーチ

資 本 金

300万円

設  立

2002年(平成14年)10月22日

代 表 者

取締役 山家清彦(やまや きよひこ)

住  所 ※2014年9月26日に移転しました

2014年9月26日より、郵便番号、住所、電話番号、FAXが以下に変更となりました。 今後ともよろしくお願い申し上げます。

〒251-0032

神奈川県藤沢市片瀬1-5-28

TEL  0466-53-9571

FAX  0466-53-9572

 

沿  革

1981年 楽器の音響学的研究開始

1985年 コントラバス用ピックアップ実用試験開始

1986年 コントラバス用ピックアップ受注開始

1993年 ピアノ用ピックアップ開発開始

1999年 ピアノ用ピックアップ実用試験開始

2000年 フルート用コンタクトマイク開発

2002年 有限会社ソナリサーチ設立、法人化 お箏用ピックアップ開発開始

2003年 ピアノ用ピックアップ販売開始

2010年 ギター用ピックアップ販売開始

現在に至る

プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

  1. 我々は皆様のプライバシーを尊重致します。
  2. 我々が業務を通じて収集した皆様の個人情報は、業務上の目的に限って使用致します。
  3. 我々は収集した皆様の情報の適切な管理に努め、第三者に開示することは致しません。
  4. 皆様は我々が収集したご自身の情報についての開示、修正、削除を求めることができます。