ピックアップをどこに取付けるか?

コントラバス用ピックアップヘッダー 弦に近いところにピックアップを取付けるとピックアップされた音は弦の音が強調され、胴の鳴りは聞こえにくくなり、せっかくの良い楽器の響きが生かされない傾向があります。 またコントラバスの胴体、例えば表板などにピックアップを取付けると、ピックアップされた音はピックアップを取付けた場所の鳴りが強調され胴や表板の癖のある共振を伴った音色となることが多いようです。

なぜ駒の足にピックアップを?

我々の開発した コントラバス用ピックアップCPS-DB型は コントラバスの発音原理を徹底的に研究することにより生まれました。 演奏者が弦に振動を与えるとその振動が駒を伝わり表板を振動させ音が出てきます。最も低い音域は表板の裏側から胴内の空間とエフ孔で構成された共鳴箱で増幅され、豊かな低音となります。表板は複雑な振動をしており、音域によって音が出る場所が目まぐるしく変化しているようです。しかし、音域によって音が出る場所が目まぐるしく変化することにより、楽器から少し離れて聞けば平均化されて癖の少ない音になるよう考えられてようでもあります。この表板の性質が楽器の音質を大きく左右すると言われています。
コントラバスピックアップ発音エネルギーの移動に目を向けると、演奏者がエネルギー源となり弦、駒、表板をエネルギーが伝わり、最後に音というエネルギーになります。ここで少し注意していただきたいのが、逆方向にもエネルギーが伝わるということです。 コントラバスの周囲の音は表板を振動させ、駒を伝わり弦を揺らします。これは演奏者の方なら体験を通じて実感できることと思います。 また弦のような共鳴するものはエネルギーを蓄える性質を持っていますので、一度弾かれるとエネルギーを蓄え、駒を通じて表板から音を出すことによって少しづつエネルギーを吐き出して振動が減少し、音も小さくなってゆきます。これが コントラバス独特のサスティンとなって、エレクトリックベースなどとまったく異なる持ち味を醸し出しています。 表板も弦と比べると共鳴の度合いは少ないのですが共鳴ポイントを数多く持っています。この表板の共鳴と弦の共鳴の間でエネルギーのやりとりが行われ、 コントラバスのサスティンに独特の深みを与えているのではないかと思います。このエネルギーのやり取りはすべて駒を通じて行われています。 これらのコントラバスの発音のメカニズムや コントラバスの音色を特徴づけている要素から考えると、それらのエネルギーのすべてを伝達する駒は コントラバスの発音に関する情報が最も集中するパーツと言うことができるでしょう。 今まで存在した多くのピックアップが駒に取付けられたのは、このような理由からであったのかも知れません。
コントラバス用TOP | 製品構成 | アレンジ例 | セッティング | ピックアップポリシー | 長期間のご愛用に応えるため